2017年4月1日土曜日

大阪杯の予想 2017 ◎アンビシャス

今年からG1に昇格した大阪杯。

昨年までは「産経大阪杯」と言っていたので、G1昇格のために(特定企業の宣伝にならないように)「産経」の冠が外されたのだと思う。

でもNHKマイルカップの「NHK」はついたまんまでいいんだねー・・・・。国営だけズルイね。







前にいきたい馬がそろったメンバー構成。
何が何でもハナを切るタイプのマルターズアポジーが逃げ、それを2番手・3番手でロードヴァンドールとキタサンブラックが追うという展開が想定される。

ここのところ絶好調で前走も57秒台で逃げたマルターズアポジーだがここはさすがにややペースを落とした逃げを打つか。
同型がいるのでそこまで遅いタイムになるとも思えず、60秒を切るか切らないか程度のペースか・・・。

そうなればほぼ例年の平均に近いペースであり、瞬発力勝負になったとしても最大でも▼5前後の瞬発力が要求される程度であろうと思われる。スロー専の瞬発力一辺倒の馬ではここで勝ち負けするのは難しいのではないか?



***


前日土曜日の結果を見ると先行・内枠がまだまだ伸びており後方から大外を回しても2着までといった印象。
血統的にはディープ、ブラックタイド、ハーツ、ステイ、ゼンノロブロイ等SSの主流種牡馬が順当に結果を出している印象。

もともとこの大阪杯はディープ産駒が3連勝(ディープの全兄のブラックタイドを合わせると2年連続ワンツー)しているように相性の良いレース。

一方で道悪で非根幹距離の京都記念、
ディープが負け非SS系が1・3着で2着もダイワメジャー産駒だった金鯱賞、
もともとディープ産駒が得意ではなく今年も有力ディープ産駒が次々と沈んだ中山記念・・・

というようにステップのG2レース3つ全てでディープ産駒には向かないレースだった。

今回は一気にディープ産駒が盛り返し昨年のように上位独占をすることもあるのではないか?



***



◎(12)アンビシャス
ディープ産駒であり昨年の覇者。前走はディープ産駒にあわなかった中山記念。しかも明らかにこの馬にとっては叩きの一戦。脚を余したように脚質的に展開があわない予想通りの内容に終わった。大阪杯は上がりの速さが求められるレースであり断然この馬にあうレース。福永の手もあっておりここはG1制覇のビッグチャンス


○(5)キタサンブラック
ディープの全兄のブラックタイド産駒であり昨年2着。つまり昨年のワンツーと同じ結果に終わるということがあるかもしれない(笑)。前哨戦がすべてディープにあわないレースだったと考えると、そもそも前走有馬記念だった馬が強いこのレースでは唯一無二の存在。現役最強馬をサトノダイヤモンドと争う一頭であり当然最有力候補。ただし2000は必ずしもベストとは言えない距離だと思うが・・・


▲(14)マカヒキ
ディープ産駒。前走京都記念は凱旋門賞帰りの休み明け3着。今回が本番なので前走今ひとつ伸びを欠いたのも理解できる。だがこの馬は平坦戦の実績がなく今回の適正とは少しずれる可能性が高い。しかも大外枠。凱旋門賞にチャレンジしたことは良いが、その後の馬体重をみてもそうだがなんとなく完成が早かった印象であり、3歳秋から4歳にかけてあまり成長していないように思える。馬場があわなかったとはいえスマートレイアーに負けたのもイマイチで評価は少し下げて考えたい。もちろん突き抜けて勝利する可能性もあると思うが・・・。


▼(4)ステファノス
ディープ産駒。休み明けを叩いて本番で勝負する藤原英厩舎だけに前走の6着は度外視で良い。ディープ産駒の有力馬としてここで馬券圏内に突入するチャンスはまだ十分にある。8番人気なら積極的に買いたい馬。2000での勝ち星がないのでここももちろん2・3着付けだが・・・・。


△(13)ヤマカツエース
1枚割引のキンカメ産駒。中山は得意だったとはいえ有馬記念4着はこの馬の成長を如実に物語る。パワーが求められる馬場の小回り2000mがベストの馬。しかし阪神ではなぜか今ひとつの成績。キングカメハメハ産駒が得意なスローからのキレ勝負にはならないような雰囲気なのでやや評価は下がるが・・・。


▽(11)マルターズアポジー
必ず逃げる馬。逃げないとダメな馬。この馬が逃げる時はそれなりにタイトなペースで逃げる印象。有馬記念こそ適正距離外だったので15着に惨敗したが昨年は1年で4勝をあげ、2017年初戦小倉大賞典も優勝。この1年で確実に力をつけたといって良い。今年は重賞戦線をにぎわす逃げ馬になるかもしれない。目下の絶好調ぶりを見るとアタマの馬券も少しだけ押さえておきたいという気持ちになる。


消(7)サトノクラウン
京都記念は道悪でしかも展開が恵まれた競馬。香港ヴァースは海外馬場。・・・ということでダービーを頂点とした日本の主要レース・主要馬場ではやや割り引きすべき馬ではないかと思っている。おそらくこの馬には内回り2000mはあわない気がするし・・・。昨年の香港から急成長している・・・とはまったく思っておらず、血統傾向もまったくあわないここは勇気を持って消しとする。


上位3頭◎○▲と▽(逃げ穴)をアタマにした3連単と、
◎○▲から各印への馬連流し。


2 件のコメント:

  1. ちょっと印を変更。

    ◎(12)アンビシャス
    ○(5) キタサンブラック
    ▲(14)マカヒキ
    ▼(4) ステファノス
    △(11)マルターズアポジー(間違えば一発アタマも・・・)
    ▽(13)ヤマカツエース(2着以下限定イメージ)
    ×(1) ミッキーロケット(2着以下限定イメージ)

    消(7) サトノクラウン

    買い目は
    ①馬連◎から○▲▼△へ
    ②3連単 ◎&○から各印へマルチ ※ただし▽×は2着以下限定。
    ③3連単 ◎&▲から各印へマルチ ※ただし▽×は2着以下限定。
    ④3連単 ○&▲から各印へマルチ ※ただし▽×は2着以下限定。

    返信削除
  2. うーん・・・それにしても
    ◎ 5着
    ○ 1着
    ▲ 4着
    ▼ 2着
    △ 12着(逃げ馬)
    ▽ 3着
    × 7着
    消 6着

    サトノクラウンの消しを含めて予想はほぼ完璧。あとは馬券の買い方なんだなこれが・・・。

    返信削除